カメラを搭載したドローンで現場を写真測量し、3次元の地形データを作成します。
作成したデータを元に各種寸法を現場に行かなくても計測することが可能です。

ドローンを用いた空中3次元測量

ドローンを用いた空中3次元測量
カメラを搭載したドローンで現場を写真測量し、3次元の地形データを作成して現況把握や詳細設計、さらには施工後の出来形検査などに活用するものです。点群作成後は現場に行かなくても、任意の地点の縦横断図や各種寸法を計測することが可能です。 国土交通省が推進する、「i-Construction」でもドローンの活用が推奨されています。

工事進捗写真の撮影
ドローンを利用することで、現場上空から空撮写真を撮影することが可能です。工事の工程打ち合わせや、安全協議会などでの資料として活用することもできます。急勾配の法面や、危険箇所での撮影も可能なため、大きな期待が寄せられています。